容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

リハビリ中の沢、なでしこ外れる…キリンCC

  1. 2012/03/31(土) 08:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 日本サッカー協会は23日、キリンチャレンジカップの米国女子代表戦(4月1日・ユアスタ)、ブラジル女子代表戦(5日・ホムスタ)に臨む日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバー23人を発表した。 宮間、川澄らは順当に選ばれたが、良性発作性頭位めまい症でリハビリ中のMF沢(INAC)は外れた。MF上辻が初選出。 メンバーは以下の通り。 ▽GK 福元美穂(岡山湯郷)、海堀あゆみ(INAC) ▽DF 近賀ゆかり、田中明日菜、南山千明(以上INAC)、矢野喬子(浦和)、熊谷紗希(独フランクフルト)、宇津木瑠美、鮫島彩(以上仏モンペリエ)、有吉佐織(日テレ)川村優理(新潟)、長船加奈(仙台) ▽MF 川澄奈穂美(INAC)、宮間あや、中野真奈美(以上岡山湯郷)、阪口夢穂(日テレ)、上尾野辺めぐみ(新潟)、上辻佑実(仙台) ▽FW 大野忍、高瀬愛実(以上INAC)、安藤梢(独デュイスブルク)、永里優季(独ポツダム)、菅沢優衣香(新潟)(2012年3月23日14時20分読売新聞)

関連ニュース

中村寅吉氏・小針春芳氏ら7氏、ゴルフ殿堂入り
宮里藍と上田桃子が18位発進…米女子ゴルフ
タイガー・ウッズ、3季ぶりツアー優勝

アニメソング神曲ランキング

「イチロー、無安打も守備で存在感」:イザ!

  1. 2012/03/30(金) 08:49:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
(アスレチックス4−1マリナーズ29日・東京ドーム)イチローは、開幕第2戦に「3番・右翼」で先発出場したが敗戦。日本開幕シリーズをマリナーズは1勝1敗で終えた。開幕戦では4安打と好発進を見せたイチローだが、この日は4打数無安打と快音は聞こえなかった。それでも、五回の守備では右翼フェンス間際の飛球をジャンプして好捕。守備で存在感を示した。「今日は結果的に、あれ(好捕)くらいしかなかった」と試合後はあまり多くを語らなかったが、この日も打席に入るたびに無数のフラッシュを浴び続けた背番号51。母国・日本で見せたパフォーマンスは、日本のファンに強烈な印象を残した。

関連ニュース

「「大魔神」佐々木氏が開幕戦で始球式 ワンバウンド」:イザ!
「MLB、ロンドン五輪施設で公式戦開催を検討」:イザ!
「松坂は打者8人に投球「少しずつ状態上げる」」:イザ!

ブログデザインカスタマイズ

「藍、通算3アンダーで10位 起亜クラシック」:イザ!

  1. 2012/03/29(木) 06:49:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
米女子ゴルフツアーの起亜クラシックは24日、米カリフォルニア州カールズバッドのラコスタ・リゾート・アンド・スパ(パー72)で第3ラウンドを行い、宮里藍は5バーディー、4ボギーの71で通算3アンダー、213の10位となった。曽雅●(=女へんに尼)(台湾)が69で回り、通算12アンダー、204で、2位に3打差をつけて首位を守った。金子絢香は77で通算9オーバー。■宮里藍「中盤はストレスのたまるゴルフが続いたが、いい終わり方ができた。スタートがよかったので結果を求めに行ってしまった。無欲のまま流れに乗れたらよかったが、その辺はまだまだ課題」(共同)

関連ニュース

「チェルシー、3季ぶり準決勝へ前進 欧州CL」:イザ!
「ウッズ、2年半ぶりの優勝「信じられない」 米男子」:イザ!
「合宿に欧州組合流 29日に米国と練習試合 なでしこ」:イザ!

アフィリエイト比較一覧

「前田敦子さんがAKB卒業を発表「ハタチの夢に歩き出さなきゃ」」:イザ!

  1. 2012/03/28(水) 06:49:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Array

「坂本龍一 「自然に寄り添う」次のステージへ」:イザ!

  1. 2012/03/27(火) 04:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
【いま、僕が思うこと】東日本大震災から1年が過ぎました。あのとき、ぼくは東京のスタジオでレコーディングの準備をしていたんですが、1分以上続く揺れに、これは普通じゃないと思いました。その後、テレビで見た津波の映像に、どう反応していいかわからなかった。自然の力の強大さの前にただ立ち尽くすしかありませんでした。いま、ぼくたちの生活を見つめ直すと、家でもオフィスでもほとんど人工物に囲まれているので、自然が発している信号に鈍感になっています。敏感なら津波から逃げられるという単純なことをいおうとしているのではないのですが、自然を奪ってきてしまった文明を、どこかゆがんでいると大きく反省させられる機会に3・11はなったと思います。それでも1970年代以降、急速に自然とは何か、生態系とはどういうものか、説かれるようになってきた面もあります。例えば、サケが海洋を回遊して海の栄養を体に詰め込んだあと、川上に戻って産卵し死んで土壌の一部になりますが、それが広範囲の森に栄養を与えるという大きな生態系ができています。そのようなシステムが解明されるまで、人間はずっと生態系を壊し続けてきたんですが、その行為は人間が進歩しすぎて地球を壊してきたのではなく、むしろ無知だったということなのです。

関連ニュース

「きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲など8曲熱唱」:イザ!
「DAIGO大喜び「ウルトラマン」想定外オファー」:イザ!
「坂本龍一 「自然に寄り添う」次のステージへ」:イザ!

ネット 稼ぐ

DTIブログって?

次のページ