容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

アスレチックスの松井、長いオフの始まり

  1. 2011/09/29(木) 14:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 最終戦は休養のため先発を外れた大リーグ、アスレチックスの松井が、六回に代打で登場したが中飛に倒れた。 今季、2割5分そこそこの打率は、昨季より約2分も低く、本塁打も昨季の21本の半分余り。資金力のないアスレチックスが低迷した理由は投打とも様々あるが、経験を買われて入団した中軸打者として、「もっと自分が打っていれば、展開は変わっていたかもしれない」という気持ちは持ち続けていた。ヤンキース時代は当たり前だったプレーオフの盛り上がりとは無縁の、長いオフが始まる。 (萱津節)(2011年9月29日13時11分読売新聞)

関連ニュース

メッツ五十嵐、来季もメジャー希望「どこでも」
イチローあと16本、最終戦へ
アスレチックスの松井、長いオフの始まり

就職支援

八ッ場ダム早期着工を…6都県知事ら申し入れ

  1. 2011/09/27(火) 00:49:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前田国交相(左端)に申し入れ書を手渡す利根川流域6都県の知事ら 建設の継続か中止かを再検証中の八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)について、国土交通省関東地方整備局が「ダム建設が最良」と判断したことを受け、東京や埼玉など利根川流域6都県の知事らが26日、前田国土交通相に対し、ダムの早期着工を求める申し入れを行った。 ダム建設の可否は、同整備局の検証結果などをもとに、前田国交相が最終的に決める。申し入れは6知事の連名で、同整備局の判断を「当然の結果」とした上で、直ちにダム本体工事に着手するよう求めた。会談後、石原都知事は報道陣に対し、「(国交相に)現場を見ていただきたい。判断の論拠がきちっと出来てくると思う」と話した。 前田国交相は、「(申し入れを)重く受け止めている。予断のない検証をもとになるべく早く結論を出したい」と述べ、ダム予定地の視察については、「来月の早い時期に行けると思う」との見通しを示した。(2011年9月26日21時58分読売新聞)

関連ニュース

小沢氏の求心力低下避けられず…元秘書有罪判決
判決前の議員辞職や離党目立つ…秘書が刑事責任
普天間移設、地元調整に期限設けず…首相

ショッピング枠現金化 口コミ

中日・落合監督が今季限りで退団 新監督は高木元監督

  1. 2011/09/24(土) 08:49:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 プロ野球の中日ドラゴンズは22日、落合博満監督(57)の今季限りの退団を発表した。クライマックスシリーズ、日本シリーズに進んだ場合も最後まで指揮する。同時に、来季からは球団OBの高木守道・元監督(70)が新監督に就任することも発表した。 現在2位の中日は23日以降、セ・リーグ公式戦を25試合残しているが、佐藤良平球団代表は「落合監督は野球殿堂に入るなど、今年は一つの節目。チームに新しい風を吹かせたい。高木氏には新しい指導者の育成も期待したい」と、この時点で監督人事を決めた理由を説明した。 落合監督は2004年に就任。04、06、10年にリーグ優勝し、07年はリーグ2位から勝ち上がって53年ぶりの日本一に輝いた。3年契約の最終年の今季は去就が注目されていた。

関連ニュース

中日・落合監督が今季限りで退団 新監督は高木元監督
首相、南スーダンPKOに意欲 現地調査団、24日出発
首相、南スーダンPKOに意欲 現地調査団、24日出発

就職関係の求人サイト

「みずほコーポや政投銀、九電に融資へ」:イザ!

  1. 2011/09/21(水) 18:49:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
九州電力が、みずほコーポレート銀行、日本政策投資銀行、福岡銀行などの取引銀行から、年内にも総額4000億〜4500億円規模の融資を受ける方向で調整していることが15日、わかった。九電は原発停止の代替として稼働する火力発電にかかる燃料費が膨らむため、各行が強調して資金繰りを支える。

関連ニュース

「みずほコーポ、ロシア最大手行と業務協力」:イザ!
「元第一勧業銀行頭取の奥田正司氏死去」:イザ!
「生保協会長「債権放棄は東電再生にマイナス」 」:イザ!

インターネット懸賞サイト

紀伊半島雨上がる 避難住民が一時帰宅

  1. 2011/09/19(月) 02:49:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 台風12号に伴う豪雨で被災した紀伊半島の各地は18日、高気圧に覆われ、雨も上がった。土砂ダムは水位の上昇がほぼ止まり、下流域では行方不明者の捜索活動が再開された。避難していた住民の一時帰宅も認められた。 12号では全国で67人が死亡。被災から約2週間たった今も、奈良、和歌山、三重、鹿児島4県で計26人が行方不明だ。 まだ3人の所在がわからない和歌山県那智勝浦町では、陸上自衛隊や県警、海上保安庁、地元消防が計550人態勢で川沿いや海中を一斉に捜索した。寺本真一町長は「不明者の家族に最後まで希望を失わないでいてもらいたい」と語った。奈良県五條市や十津川村でも2日ぶりに捜索活動が実施された。 十津川村は、土砂ダムの下流域で警戒区域に設定された3地区の住民らに、2時間に限って立ち入りを許した。上野地地区で雑貨店を営む平岡富美枝さん(54)は、別の地区でひとり暮らしの父(77)の様子を見に行くために許可証を取った。「早く自由に行き来できるようにしてほしい」。孤立していた3地区への県道も復旧した。 和歌山県新宮市は、浸水した住宅の被害状況調査を始めた。同市熊野川町では職員8人が4班に分かれ、住民に被災時の状況や浸水の程度を聞き取った。同町日足(ひたり)で寝装品店を営む中村八十八(やそはち)さん(60)の店舗兼住宅は、2階の天井まで水につかった。「ご近所と一緒にここで再建したい」 国土交通省によると、奈良、和歌山両県の5カ所の土砂ダム周辺では降り始めから18日午前までに80〜176ミリの雨を観測。和歌山県田辺市熊野(いや)のダムは19日午前1時現在、満水まで60センチとなったが、18日夜以降、水位は落ち着いている。他のダムは満水まで5〜31メートルと余裕がある。 気象庁によると、被災地では19日午後から1時間に30ミリ程度の激しい雨が予想されている。沖縄近海で停滞する台風15号の影響で、20日午後6時までの24時間で最大100〜200ミリの雨が予想され、土砂ダムの水位が再び上昇する恐れもある。

関連ニュース

柳条湖事件から80年 厳戒のなか、中国・瀋陽で式典
紀伊半島雨上がる 避難住民が一時帰宅
奈良と鎌倉、被災地へ神仏合同の祈り

ポイントサイト

DTIブログって?

次のページ